ギリシャ

アテネ(ギリシャ)の飲み水について:ペットボトルの水は破格の値段で買える(一応、水道水は飲めます)

今回はアテネの水事情についてまとめたいと思います (我ながら、かなりしょうもない内容ではあると感じている)。 アテネで驚いたことの1つに水がめちゃくちゃ安かったことが挙げられます。

私は飲みませんでしたが、アテネでは水道水も一応飲むことが可能です。南欧に位置するギリシャはかなり暑いので水分補給が欠かせないため、水が安いことは我々のような旅行客だけでなく現地の人にも重要なのでしょう。

 

キオスク:500ml → 0.5ユーロ 1L → 1ユーロ

今まで訪れたヨーロッパでの水の価格と比べると驚くほど安いと思います。特に、1リットルの水が1ユーロ(130)なんてキオスクやコンビニの価格としてはかなり格安だといえます。

 

スーパー:1.5L → 0.2~0.5 ユーロ

キオスクやコンビニでも安いですが、スーパーでは「ビックリするくらい安い」価格で水が売られています。正直こんなにも安くて利益が出るのかが不思議なくらいです。1.5リットルのボトルが0.2〜0.5ユーロ(30円〜75円)です。

私はスーパーで一番安い水と真ん中くらいの価格の水を買い飲み比べてみましたが、「味はほぼ同じ」でしたので、一番安いもので良いと思います。

 

味は意外と飲みやすい

ヨーロッパの水は硬水が多いため「飲み慣れない硬さ」なのですが、ギリシャで飲んだ水に関してはかなり「軟水に近い」だろうと思います。日本ほど軟水とまでは思いませんが「違和感なく飲める」と思います。

 

レストランで水は無料

前回の記事でも書きましたが、アテネのレストランでは水が無料で出てきます。日本と同じような感覚で水が消費されているのだと思いますが、これはヨーロッパでは非常に珍しいのではないかと思います。

ドイツやポーランドではこういったことは絶対にありません。特にドイツでは・・・

前回の記事はこちら ↓↓↓

 

まとめ

アテネ(ギリシャ) は本当に暑いので水を大量に消費します。その上で水がかなり安く買えることは非常に幸運だといえます。キオスクやコンビニでも500ml0.5ユーロ、1L1ユーロと気兼ねなく買えます。

スーパーへ行くと更に安く、ペットボトルの水としてはほとんど「タダ」みたいな値段で買えます。ですので、節約するにはスーパーで買った水を持ち歩くのも良いでしょう。

水道水は飲めるそうなのですが、私は「なんとなく嫌だった」ので飲みませんでした。街中では1.5リットルほどの多きペットボトルを持ち歩いている人も結構いるので、大きめのペットボトルを持って歩いていても「変な感じはしない」ので、いつでも水分補給ができるようにしていた方が良いと思います。

今回はたかだか「飲料水」に関する若干大した情報を発信している訳ではないですが、個人的に非常に驚いたため記事にまとめました。僅かながらも、誰かのお役に立てる情報を提供できていればと思います、それでは。

関連記事

  1. ギリシャ

    「地下鉄」アテネ国際空港 からアテネ市内 へ:行き方と注意点をまとめています、料金10ユーロ、所要時…

    アテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)→ アテネ市内 …

  2. ハンガリー

    ブダペストの治安について:夜でも安全(個人的意見)

    ブダペストに合計1ヶ月過ごした感想として、今回はブダペストの治安につい…

  3. ギリシャ

    【アテネ近郊にあるオススメビーチ:Astir Beach】とその他アテネのベタな観光スポットを紹介

    今回は私がアテネに滞在中に行った5つのスポットを紹介したいと思います(…

  4. ドイツ

    フランクフルト観光には期待してはいけません:観光なら1日もいらない、数日滞在ならハイデルベルク城など…

    今回はフランクフルトに2泊3日滞在した総括として私が感じたことをまとめ…

  5. ハンガリー

    Wizz Air (ハンガリー格安航空) の感想と注意点(アドバイス):Wizz Airのアプリは必…

    ハンガリーのLCCであるWizz Airについての感想を書いていきたい…

  6. ギリシャ

    アテネの治安について:現地の人でもリュックを前に背負うほど、ヨーロッパの中ではかなり悪い、とにかく注…

    アテネ市内の治安についての印象ですが「かなり悪く、物騒」だといえます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. ドイツ

    フランクフルト観光には期待してはいけません:観光なら1日もいらない、数日滞在なら…
  2. 9年間のカナダ生活

    カナダ留学、エージェンシー(実名)の利用体験談:国内と現地の両方で留学エージェン…
  3. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)でボランティアを探す方法とアドバイス(注意点):実はボランティ…
  4. 9年間のカナダ生活

    2019年版カナダ「 携帯契約 」オススメはPublic Mobile:カナダ在…
  5. ギリシャ

    「地下鉄」アテネ国際空港 からアテネ市内 へ:行き方と注意点をまとめています、料…
PAGE TOP