9年間のカナダ生活

長期留学、長期ワーホリの「 海外送金 は 銀行 か TransferWise の2択 」人によってオススメは違ってくる? 海外在住10年以上の私の考え・・・

今回は海外送金について「カナダでの学生時代に私がやっていた方法」「ポーランドでのワーホリの際にやった方法」をまとめたいと思います。

まず、結論ですが、カナダでは「日本の銀行口座 → カナダの銀行口座」に送っていました。ポーランドは「TransferWise → ポーランドの銀行口座」へ送りました。

送金の王道である銀行を使うか、比較的新しい企業であるTransferWiseのサービスを使うかは「その人」によってオススメ度が変わってきます。それについても触れたいと思います。

 

絶対にオススメしない方法

留学やワーホリなどで1年以上の長期で海外へ行かれる方に、何よりもまず書いておきたいのが、「絶対に100万円規模の大量のキャッシュを持っていかない」ということです。トラベラーズ・チェックも紛失してしまうと手続きが色々と面倒なので「大量にもっていかない方がよいでしょう」。

当たり前ですが、「キャッシュは失くしたら、一巻の終わり」ですから、海外へ長期で行かれる場合でも自分が思う「必要最低限のキャッシュ + 米ドル100ドル分」をオススメします。現金は10万円以内に抑えた方がいいと思います。

<絶対に守ってほしい手順>
現地の銀行口座開設 → 日本から送金 → 現地の銀行口座に着金

 

送金方法:安心を優先? 節約を優先?

安心(感)を優先:日本の銀行 → 現地の銀行

これが王道です。そして一番安心(感)のある方法でしょう。

現地に到着後、現地の銀行口座を開設し、その後、日本にいるあなたの両親や兄弟姉妹、親戚などに頼み、「日本の銀行からあなたの現地の銀行口座へ送金」するのが、「送り主にも、お金を受け取るあなたにも」安心な方法だといえます。

私の場合、カナダの語学学校や大学へ通っていた間、「父親の銀行口座 (三菱UFJ銀行) → 私のカナダの銀行口座 (TD Bank)」へ送金してもらっていました。

銀行同士のやりとりなので「絶大な信頼」が利用している私達にもありますし、「万が一、お金が届かない」という非常事態には銀行さんが助けてくれますから「気が楽」です。

その反面、手数料が高く為替レートも「本来のレートよりも数%上乗せされた銀行レート」なので、コストが高くつきます。まあ、信頼と安心のサービスをお金で買っていると捉えるべきだと思います。

ワーホリの方は現地で働くので「何百万円もの大金を移動させることはない」と思いますが、1年単位での長期留学や、特に私のようにカナダの大学へ通う場合は「1000万円以上の学費・生活費」を送金することになりますから、少々のコストが上がっても「銀行 → 銀行」の送金がベストだと思います。

 

こういう人にオススメ

送る側 (両親など) が初めて海外送金をする場合や、滅多に海外送金なんてしない人、人生で海外送金はこれが最初で最後という人には銀行を使って送金をするのがオススメです。

銀行なので「手数料や為替レート」は多少高いですが、「信頼と安心のサービス」をお金で買うという気持ちで銀行を使って送金するといいでしょう。

特に数百万円単位のお金を送金するのであれば、銀行がベストな方法だと思います。

 

 

節約を優先:TransferWise → 現地の銀行

TransferWise (トランスファーワイズ)は比較的新しい企業で、革新的な方法で「手数料が低く、為替レートも上乗せがない」サービスを実現しています。革新的な方法は以下の公式動画で説明しています。

 

海外送金の業界では「かなり有名」な会社でロンドンに本部を置く企業。2011年にロンドンで設立され2016年より日本法人を設立し日本市場に参入しています。

私がポーランドでワーホリをする際の生活費をこのTransferWiseを使ってポーランドの銀行へ送金しました。
「ソニー銀行 → TransferWise → ポーランドの銀行口座 (ING Polska)」という具合です。

(その時の感想をまとめた記事はこちら → 「ワーホリ、留学の海外送金:TransferWise (トランスファーワイズ) 」)

私は100万円を移動させたのですが、銀行(りそな銀行)を使うよりも約3万円以上はお得に送金できたと記憶しています。

公式サイト:TransferWise

 

こういう人にオススメ

すでに何度か海外送金をした経験があり、今後も定期的に海外送金をする必要がある人。

銀行だと「すべてを銀行の方に任せっきり」にできますが、「TransferWiseの場合は自分で行う作業が増えます」。ただ、その分手数料が低く、為替レートも「上乗せレートなし」の「本来のレート」でお金を送金できます。

TransferWiseの手続きやウェブサイトのUIは「シンプルでとてもわかりやすく作られている」ので、誰でも「一人でできる」ので心配はいりません。

しかし、すべてネットで完結するサービスですので銀行のような手厚いサービス「マンツーマン」のサービスを受けられるわけではないといえます。

日本では資金移動業者として関東財務局に免許登録を取得していますから、万が一「送金資金が紛失した場合は、資金は保証されています」ので新しい企業ではありますが、安心してください。

私の予想としてはこの会社は今後さらに大きく飛躍するのではと思っています。

 

まとめ

今回は私が今までやってきた海外への送金方法をまとめましたが、銀行を使ってきたので「王道」といえば王道な方法なので大したことではありません。

海外送金に慣れていない人は「日本の銀行 → 現地の銀行口座」という方法がベストだと思います。手数料が高く、銀行独自の為替レートの上乗せがあるので「一番安い方法」にはなりませんが、「送る側も受け取る側も一番安心な方法」だと思います。滅多に海外送金をしない人にとっては銀行に頼るのがベストだといえます。

逆に「海外送金に慣れている方」や「年に定期的に海外送金を行う」という”海外送金ベテラン組”の方は「TransferWise」など他の送金方法で節約されるのが良いと思います。私自身も今後はTransferWiseをメインにしていこうかとも考えています。

今回の記事もお役に立てる情報を提供できていればと思います。それでは。

関連記事

  1. 9年間のカナダ生活

    スターバックス・リワード (スタバのポイントプログラム)でカナダのカフェライフをお得に

    カナダに滞在中に、スターバックス・カナダのポイントプログラムである「S…

  2. お金事情

    長期留学・ワーホリ向けの「お金のもっていきかたの手順」:海外在住10年以上の私が教えるシンプルで安全…

    カナダで9年間、ポーランドに1年以上住んでいる経験を基に、「留学生やワ…

  3. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)ワーホリ:1ヶ月の給料の目安

    今回はワーホリの方がカナダ(トロント)で働く際、だいたいどれくらいの給…

  4. 9年間のカナダ生活

    トロントでの生活費(1ヶ月)は実際いくら? 最低でも$1000はかかります

    トロントで9年を過ごした私がトロントで暮らす際の1ヶ月の生活費について…

  5. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)でのボランティア・実体験:4つの企業/団体でのボランティア体験をつづっています

    今回は私がトロントで体験したボランティアについて、できるだけ赤裸々に書…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)でインターンシップをする際の真実:留学生にとってインターンシッ…
  2. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)で生活雑貨、生活用品、キッチン用具はどこで買う?
  3. ドイツ

    フランクフルト観光には期待してはいけません:観光なら1日もいらない、数日滞在なら…
  4. 9年間のカナダ生活

    長期留学、長期ワーホリの「 海外送金 は 銀行 か TransferWise の…
  5. ハンガリー

    ブダペスト(ハンガリー) 空港 ↔ 市内 100E シャトルバスを…
PAGE TOP