9年間のカナダ生活

スターバックス・リワード (スタバのポイントプログラム)でカナダのカフェライフをお得に

カナダに滞在中に、スターバックス・カナダのポイントプログラムである「Starbucks Rewards」に入るとリアルにお得なので、今回それについて簡単にまとめたいと思います。

日本のスタバもこのRewardsプログラムを2017年9月から開始しているので、もしかしたらすでにご存知の方もいるかもしれません。基本のプログラムや受けられるサービスは日本もカナダ大きな違いはありませんが、カナダの方が若干お得です。

*記事内の画像はStarbucks Canada公式サイトよりスクリーンキャプチャし作成しております:https://members.starbucks.ca/

Starbucks Rewardsに参加するには?

スターバックス・カナダのアカウントを作るだけなので、とても簡単です。アカウントを作る方法は2つあります。

  1. スタバのアプリ(カナダ版)をインストール
  2. スターバックス・カナダのホームページよりパソコンで作成

カナダ・スターバックス 公式サイト:https://www.starbucks.ca/
Starbucks Rewards (カナダ) 公式:https://members.starbucks.ca/

*このRewardsプログラムは国によってシステムが異なるので、基本的にはその国のアカウントをその国で使用するのが前提です。一応、アメリカのアカウントでカナダのスターバックスでも買い物ができるそうですが、日本のアカウントではカナダのスターバックスを利用できません。
*日本から持ってきたスマホの場合、App StoreやGoogle Playが日本のアカウントなので「日本スターバックス」のアプリをインストールしてしまいますので注意して下さい。

カナダのアカウント → カナダで使用
日本のアカウント → 日本で使用

 

 

Green Level

2 Stars per $1 spent

$1毎に2Star(ポイント)が貯まります。基本コーヒーのトールサイズは$2なので、4 Starを貯められます。300スター貯めるとGold Levelに格上げされます。(1年では難しいかもしれません・・・)

Birthday Reward

誕生日の週に店内の商品を1つ無料でもらうことが可能。別にコーヒー系でなくてもよく、食べ物でも大丈夫です。アプリに「Birthday Reward」と出てくると思います。

注文の前に店員さんに「Birthday Rewardsを使いたいんだけど」と言えば、店員さんも慣れているのですぐ応対してくれます。アプリの使い方がわからない場合は、スタバのアプリを開いたまま店員さんに見せればやってくれると思います。

ちなみに私はいつもサラダを無料でもらっていました。サラダは高いんですよ・・・たしか$10近くもしたと記憶しています。(ケチくさくてすみません)

Pay by Phone

これはめちゃくちゃ便利です。残高は自動・手動でクレジットカードや銀行のカードでチャージすることが可能です。

Order Ahead

実は私は使ったことがない機能です。事前にオーダーを出せておくことができます。たぶん便利だと思います。

Free In-Store Refill 

店内にいる間はRefill (コーヒーのおかわり)が無料でできます。私は店内に小一時間いなくてはならないときに利用させてもらいました。私は基本的にブラックでしか飲まないので、普通のコーヒーであれば無料でおかわりできます。(ラテやカフェモカなどの場合はわかりません:店員さんに訊いてみて下さい)

Member Events & Offers

これは所謂(いわゆる)、プロモーションで、サンドイッチが安く買えたり、ラテや最新の商品を買うとStarを多くもらえたりするプロモーションをよく行っています。

例えば、1週間のうちにラテやモカを3つ頼めば、50Star差し上げます、というようなプログラムです。Gold Levelを目指している人だとつい買いたくなります、「さすがスタバ、商売がうまいな〜」と感心。

 

Gold Level

Green Levelのベネフィット(特典)に加え、以下の内容がプラスされる。

Monthly Double Star Days と
Personalized Gold Card

Starポイントを2倍獲得できるということと、ゴールドカードを住所までわざわざ送ってきてくれる。

しかし、わざわざ2倍のポイントを獲得するために敢えてスタバに行く必要はないと思います。ゴールドカードを自宅まで送ってきても「届いた当初は嬉しい」ですが、アプリで買い物をしている人からすれば1週間も経てば「邪魔」になるのではないでしょうか。

Rewards Every 125 Stars

125Starを貯めるには約$60で到達可能です。(ちなみに、ゴールドになるまでに貯めた300Starはゴールドになると0にリセットされるそう)

125 Starを貯めるのはそれほど難しいことではなく、「普通にスタバを定期的に利用」していれば、年に1〜2回くらいはこの特典を利用できる分のStarは貯められます。

アンケートに答えれば10Starをくれたりもしますので、実際には$60以下で125Starを貯められます。

 

デメリット

Starbucks Rewards のデメリットで考えられるのはスタバばっかり行ってしまうということでしょうか。せっかくカナダにいるのですから、Tim HortonsSecond CupAroma Espresso Barなどのカナダのカフェにも行ってみるべきだと思います。

スターバックスは日本だけでなく世界中にあるわけですし。

 

 

まとめ

Green Levelでも十分に特典の恩恵を受けられるので、是非スターバックス・カナダのアカウントを作ってみて下さい。

Refill (おかわり)やBirthday RewardsはGreen Levelでも利用できます。長期で滞在する方はGold Levelに到達するのはそれほど難しくはないので、Gold Levelになってより良いベネフィットを受けてほしいです。

スターバックス自体は日本にもいたる所にありますし、世界中にもあるわけで、正直なところ「味は大したことない」と思います。ただ、スターバックスの店員さんは本当によく教育されており「サービスが良く、親切」だったので、私はスタバに行くことが多かったです。

今回もお役に立てる情報を提供できていればと思います、それでは。

カナダ・スターバックス 公式サイト:https://www.starbucks.ca/
Starbucks Rewards (カナダ) 公式:https://members.starbucks.ca/

 

余談:Birthday 特典を悪用した例 (アメリカ)
これは数年前(2015)の話で、ある客が365枚のスターバックスのカードを買い、365日分の誕生日を個別に登録し、毎日スタバで無料のドリンクを受け取っていたそう。スターバックスの店員がこれに気付き、この事件が発覚した。
記事全文は「Business Insider(英語)」で読むことができます
This guy figured out a way to get free Starbucks every day — and it’s driving his barista crazy

関連記事

  1. 9年間のカナダ生活

    「 Taro’s Fish 」:トロントで一番コスパの良いお寿司を食べるならココしかない…

    今回は勝手な私基準で「トロントで一番コスパの良い寿司屋 in Toro…

  2. 9年間のカナダ生活

    ワーホリの方向け、カナダ(トロント)での「職種・仕事の探し方・注意点(アドバイス)」

    ワーホリの方向けに、トロントで仕事(アルバイトを含む)を探す際の方法や…

  3. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)での携帯契約 <準備編> 絶対に日本でやっておくべきことはSimロック解除

    カナダについてまず真っ先にやっておきたい事の1つに携帯の契約があると思…

  4. 9年間のカナダ生活

    トロントでの生活費(1ヶ月)は実際いくら? 最低でも$1000はかかります

    トロントで9年を過ごした私がトロントで暮らす際の1ヶ月の生活費について…

  5. 9年間のカナダ生活

    地元の人がオススメする「トロント・ローカル・コーヒーショップ5選」

    今回は「トロントのオススメ・ローカル・コーヒーショップ」をご紹介します…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. お金事情

    私の両替術:ベストではないけれど、私には最適な方法
  2. 9年間のカナダ生活

    カナダ(トロント)でのボランティア・実体験:4つの企業/団体でのボランティア体験…
  3. お金事情

    長期留学・ワーホリ向けの「お金のもっていきかたの手順」:海外在住10年以上の私が…
  4. アジア系

    「 中国国際航空 レビュー (感想)」関空から成都経由でフランクフルトへ、あまり…
  5. ギリシャ

    アテネの治安について:現地の人でもリュックを前に背負うほど、ヨーロッパの中ではか…
PAGE TOP